2019/03/22 13:50

チェロ美少女のNanaが「中国人としての誇り」宣言、台湾ネットからは「健保使うな!」と猛反発

21日、チェリストで女優のNanaがフェイスブックを通じて「中国人」と宣言したことで、台湾のネット上では「人民元を稼ぎつつ、台湾の制度に甘えるな」と厳しい声が飛び交っている。写真はNana。
21日、チェリストで女優のNanaがフェイスブックを通じて「中国人」と宣言したことで、台湾のネット上では「人民元を稼ぎつつ、台湾の制度に甘えるな」と厳しい声が飛び交っている。写真はNana。

2019年3月21日、チェリストで女優のNana(ナナ/欧陽娜娜)がフェイスブックを通じて「中国人」と宣言したことで、台湾のネット上では「人民元を稼ぎつつ、台湾の制度に甘えるな」と厳しい声が飛び交っている。

日本でもデビューし、リサイタルも開催している18歳のNanaは台湾出身で、有名女性歌手の欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)のめい。期待の若手女優4人を紹介した中国のニュース番組でこのほど、その姿にモザイクがかけられたことが話題になっているが、これに反応する形で21日、Nana本人および個人事務所の中国版ツイッターが、立場を表明する内容のメッセージを公開した。

個人事務所の中国版ツイッターでは、18歳の成人となったNanaが自分の意思を持っており、「中国人」であることを自覚し、「1つの中国」を望んでいると表明。さらにNana自身も中国版ツイッターで、「留学先で出身地を聞かれたら、中国と答えている」「中国人としての誇りを持っている」と書き記している。

これらの内容について、台湾のネット上ではNanaに対する批判が噴出。数年前からNanaが中国を拠点に芸能活動をしていることから、「人民元を稼ぎつつ、台湾の健保を使うな」「台湾の恩恵を受けながら、中国をたたえる態度が許せない」「そんなに好きなら1日も早く中国へ移民を」などといった声が飛び交っている。

Nanaの父親、歐陽龍(オーヤン・ロン)氏は中国国民党に所属し、過去に台北市の市会議員を務め、現在は国民党のスポークスマン、および文化伝播委員会の副主任となっている。過去には選挙戦ポスターで、台湾について「国家」と書いていたことが中国で問題視されたことがあり、Nanaの写真のモザイク処理もこれが原因ではないかとみられている。(Mathilda)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >