2019/04/02 11:00

チャリティーに熱心なリン・チーリン「財産の半分を」、寄付金額は過去2年で1億7000万円超え

31日、チャリティー活動に熱心なことで知られる台湾の女優リン・チーリンが、過去2年間に1000万元(約1億7000万円)以上を寄付してきたことを明かした。
31日、チャリティー活動に熱心なことで知られる台湾の女優リン・チーリンが、過去2年間に1000万元(約1億7000万円)以上を寄付してきたことを明かした。

2019年3月31日、チャリティー活動に熱心なことで知られる台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が、過去2年間に1000万元(約1億7000万円)以上を寄付してきたことを明かした。

昨年、米誌フォーブスによる「アジアの慈善家」40人の1人に選ばれたリン・チーリンは、11年に自身が代表を務めるチャリティー団体「財団法人台北市志玲姐姐慈善基金会」を設立するなど、熱心にチャリティー活動を行っている。過去3年間には、中国の貧困地区で子どもたちに教育を受けさせるための宿泊施設を10カ所に建設する「築巣活動」を遂行。心臓疾患や各種の病気を抱える子どもたちへの医療支援も積極的に行っている。

31日、香港でイベントに出席したリン・チーリンが、過去2年間にチャリティー活動に投じた金額が人民元で8桁の数字、つまり1000万元(約1億7000万円)を超えることを明かした。さらに、これまでチャリティーに貢献するために使った金額について、自身の財産の半分にも届くことを認めた上で、「詳しい金額はお話できない」と語っている。

リン・チーリンによると、今後は宿泊施設をさらに2~4カ所は増やしたいとのこと。チャリティー活動への思い入れについては、「過去には成果を出せるよう必死に仕事をしてきたけれど、ある程度の落ち着きを得られた時、今度は世の中に恩返しをしたいと思うようになった」と話している。(Mathilda)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >