2019/05/10 11:00

アジア人初の快挙!女優チャン・ツィイー、カンヌ映画祭「マスタークラス」メンバーに

9日、第72回カンヌ国際映画祭の「マスタークラス」のメンバーに、アジア人として初めて中国の女優チャン・ツィイーが選ばれた。写真はチャン・ツィイー。
9日、第72回カンヌ国際映画祭の「マスタークラス」のメンバーに、アジア人として初めて中国の女優チャン・ツィイーが選ばれた。写真はチャン・ツィイー。

2019年5月9日、第72回カンヌ国際映画祭の「マスタークラス」のメンバーに、アジア人として初めて中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が選ばれた。

今月14~25日(現地時間)の日程で開催される第72回カンヌ国際映画祭からこのほど、「マスタークラス」のメンバー4人が発表された。「マスタークラス」はこれまで映画界に貢献してきた著名な映画人、第一線で活躍する俳優や映画監督を選び、映画祭の開催期間にセミナーやイベントを行うもの。今年は仏俳優アラン・ドロン、米俳優シルベスター・スタローン、デンマークの映画監督ニコラス・ウィンディング・レフン、そして女優チャン・ツィイーが選ばれている。

「マスタークラス」はこれまで、映画監督のマーティン・スコセッシはじめ、クリント・イーストウッドやデヴィッド・クローネンバーグなど、そうそうたる顔触れが招待されてきた。アジア人が選ばれるのは今回が初めてで、さらにこれまで選出された中で最も若い女性映画人となった。

チャン・ツィイーはカンヌ映画祭と縁が深く、2000年の初参加以来、6本の出演作がこれまで各部門でノミネートされてきた。また、第59回のコンペティション部門、第62回のシネ・フォンダシオン部門、第66回のある視点部門と、過去3回にわたって審査員を務めている。(Mathilda)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >