2019/06/06 18:30

中国映画市場、来年にも米国を抜き世界トップへ=「アベンジャーズ 4」も空前の大ヒット

5日、近年で急成長を遂げた中国映画市場がいよいよ2020年に米国を追い抜き、世界トップの巨大市場になる可能性が高くなっている。
5日、近年で急成長を遂げた中国映画市場がいよいよ2020年に米国を追い抜き、世界トップの巨大市場になる可能性が高くなっている。

2019年6月5日、近年で急成長を遂げた中国映画市場がいよいよ2020年に米国を追い抜き、世界トップの巨大市場になる可能性が高くなっている。

英国を拠点とするPwCコンサルティングがこのほど予測データを公開したところによると、今年の映画市場の興行収入について、米国は約121億ドル(約1兆3095億円)、中国は約110億ドル(約1兆1900億円)と予想されている。来年の2020年には米国が約119億ドル(約1兆2880億円)、中国が約122億ドル(約1兆3200億円)となっており、来年または近い将来(2021~2023年)には中国が米国を追い抜く可能性が高いという。

なお、1997年公開の「タイタニック」を超え、全世界の歴代興行収入ランキング2位に浮上した米映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、中国でも興収42億3800万元(約664億円)と空前の大ヒットを記録。全世界興行収入24億8550万ドル(約2690億円)の4分の1を占めており、大きな存在感を示している。(Mathilda)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >