2019/06/18 20:20

「一つの中国」がきっかけ?台湾版アカデミー賞・金馬奨、今年は中国がボイコットか

17日、今秋に開催される台湾版アカデミー賞・金馬奨について、今年は中国側が事実上のボイコットを行うと台湾メディア各社が報じている。写真は昨年の金馬奨授賞式より。
17日、今秋に開催される台湾版アカデミー賞・金馬奨について、今年は中国側が事実上のボイコットを行うと台湾メディア各社が報じている。写真は昨年の金馬奨授賞式より。

2019年6月17日、今秋に開催される台湾版アカデミー賞・金馬奨について、今年は中国側が事実上のボイコットを行うと台湾メディア各社が報じている。

中華圏を代表する映画祭の一つ、今年で56回目となる金馬奨は11月23日、台北市で授賞式を開催する。これに対し、中国版アカデミー賞となる金鶏百花奨も今年、金馬奨と同じ11月23日に授賞式を行う見込みであることが分かった。

中国語映画を対象とする金馬奨ではここ数年、中国の映画人たちも数多く参加し、主要部門で受賞してきたが、今年は1人も姿を見せないことになる恐れもある。中国側の事実上のボイコットと見られている。

ボイコットの理由については、昨年の金馬奨で話題になった「一つの中国」問題が中国側を怒らせたからではないかと台湾メディアが報じている。昨年、最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞した台湾の女性監督フー・ユー(傅楡)が授賞式で、「私たちの国が独立した国と見なされてほしい」と語り、政治問題がクローズアップされる発端に。これを受けて中国映画のアフターパーティーが相次いで中止されたほか、4部門を制した巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督の映画「影」(Shadow)の祝賀パーティーは台湾メディアを完全に閉め出すなど、緊張感の漂うものとなった。(Mathilda)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >