2019/07/21 19:00

没後46年のブルース・リー、旧居取り壊しの危機!ファンが署名活動で保存要求

20日、没後ちょうど46年目を迎えたアクションスターのブルース・リーの旧居が取り壊しの危機を迎えており、香港のファンが集まって署名活動を開始するなど保存に向けた動きを見せている
20日、没後ちょうど46年目を迎えたアクションスターのブルース・リーの旧居が取り壊しの危機を迎えており、香港のファンが集まって署名活動を開始するなど保存に向けた動きを見せている

2019年7月20日、没後ちょうど46年目を迎えたアクションスターのブルース・リー(李小龍)の旧居が取り壊しの危機を迎えており、香港のファンが集まって署名活動を開始するなど保存に向けた動きを見せている。

1973年7月20日、32歳の若さで急死したブルース・リーは、生きていれば今年で79歳となる。話題になっている彼の旧居は、香港・九竜地区の金巴倫道にあり、かつてホテルとして使用されたこともある建物。老朽化を理由に近く取り壊されることが決まっているが、今月19日にファンが集まって作るNPO法人「李小龍会」が記者会見を開き、中国語・英語・日本語で署名を集め、香港政府に向けて保存と観光価値の高さから「ブルース・リー記念館」を設立するよう働きかけることを明らかにした。

この旧居はブルース・リーの死後、不動産業を営む余彭年氏が買い取り、08年には香港政府に寄贈することで、記念館として利用してくれるよう求めていたものの、この提案は受け入れられなかった。余氏の死後、これまでの4年間は余彭年慈善基金会が管理してきた。

なお、台湾の日刊紙「自由時報」は、余彭年慈善基金会の副主席、李文龍氏のコメントを報道。同氏によると、余氏の遺族の希望もあり、ブルースファンの声に応えて政府への働きかけを行っているという。しかし香港政府発展局はこのほど、「建物の所有団体からは保存申請を受けていない」と回答している。

死後46年を迎えたブルース・リーだが、その人気は今も衰えず。クエンティン・タランティーノ監督の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の影響のほか、彼をイメージした米マーベル・スタジオ初のアジア人スーパーヒーロー映画「シャン・チー」(Shang-Chi/上気)が製作されることも決まっており、人気と知名度は落ちるどころか、再び盛り上がりを見せている。(Mathilda)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >