2017/05/15 17:04

映画「オクジャ」 ポン・ジュノ監督、カンヌ映画祭ノミネートの感想を述べる

THE FACT DB
THE FACT DB
映画「オクジャ」がカンヌ国際映画祭にノミネートされたことについて、ポン・ジュノ監督が感想を述べた。

15日午後2時にソウル・Four Seasons Hotel Seoul(フォーシーズンズ ホテル ソウル)で開催された映画「オクジャ」の記者懇談会に出席したポン・ジュノ監督は、同映画がカンヌ国際映画祭にノミネートされた感想について「こわい」と述べた。この日、記者懇談会にはポン・ジュノ監督とNetflixコンテンツの最高責任者のテッド・サランドス、映画プロデューサーのジェレミー・クライナー、チェ・ドゥホ、キム・テワン、ソ・ウシク、キム・ウテクが出席した。

ポン・ジュノ監督は「監督の立場としては、新たな映画を紹介するのにカンヌほど光栄で興奮する場所は無いと思う」と語りつつも、「熱いフライパンの上に載せられた魚になった気分」と打ち明けた。また、「全世界の厳しい映画関係者がフランスのカンヌに集まって私の映画を見ると思うが、それが怖いという気持ちもあるものの楽しみだ。早く映画が公開されて映画の話がしたい」と伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >