2017/05/24 13:09

SISTAR解散…“7年ジンクス”の理由とは?

SISTARがデビュー7年目で解散することを電撃発表した。 | THE FACT DB
SISTARがデビュー7年目で解散することを電撃発表した。 | THE FACT DB
SISTARがデビュー7年目で解散することを電撃発表し、再び韓国アイドル界の“7年目ジンクス”に注目が集まる。

SISTARの所属事務所は23日、「SISTARのメンバーとの議論の末に、解散を決定した。現段階では最善の選択」と発表。リーダーのヒョリンは「SISTARのメンバーらは、第2の人生のために、それぞれの道を歩むことにした。もっと一生懸命努力し、成長し、良い姿をお見せすることができるように最善を尽くす」とコメントした。

韓国では、デビューから7年でグループが解散したり、メンバーが離脱するアイドルグループが多い。こういう現状を“7年目ジンクス”というが、特に昨年はデビュー7年目を迎えたアイドルグループは非常に多く、厳しい一年を過ごした。

2009年にデビューした2NE1の末っ子メンバーのMINZY(コン・ミンジ)は、デビュー7年目となる昨年4月にグループを脱退。また同月には同じくデビューから7年目を迎えたBEASTのチャン・ヒョンスンがチームから脱退した。5月にはmiss Aのジアが脱退、6月には4Minuteが解散を発表、9月にはSecretのソナが脱退、10月にはRAINBOWが解散発表など、2009年にデビューし昨年デビュー7年目を迎えた多くのグループにとって、変化の大きい年となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >