2017/06/07 15:52

[インタビュー] 映画「代立軍」ヨ・ジング、役者としての自分を語る!

©フォックスインターナショナルプロダクション
©フォックスインターナショナルプロダクション
俳優のヨ・ジングは8歳の2005年、映画「サッド・ムービー」でデビューした。以後、「イルジメ(一枝梅)」「ジャイアント」「武士 ペク・ドンス」「太陽を抱く月」 などのドラマや、「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」「霜花店」「ファイ:悪魔に育てられた少年」などの映画に出演。様々な作品で演技力を認められてきた。最近では、先月31日に韓国で公開された「代立軍」(監督:チョン・ユンチョル)で、幼い光海(クァンへ)の役を演じている。

「代立軍」は1592年の壬辰倭乱(日本の“文禄の役”)の際、中国・明に避難した君主・宣祖に代わり、軍と朝廷を率いる世子(王の跡継ぎ)・光海(クァンへ)と、生存のために他人の軍役を代わりに引き受けた代立軍が残酷な戦争に立ち向かって運命を共にしたストーリーを描いた作品。

演技力、ルックス、そして女性ファン好みの低い声で、“子役”のイメージから“大人の役者”というイメージを獲得することに成功。女性ファンの間では「オリン・オッパ」というニックネームがつけられている。“オリン・オッパ”は、“幼い”“可愛らしい”を意味する韓国語・オリンに、“お兄さん”を意味するオッパとなっている。これについてヨ・ジングは「非常に嬉しい。ファンに近い存在でいられると思うし、“愛称”だと思う。一生そう呼ばれたい」と述べている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >