2017/09/22 10:17

【インタビュー】 チャン・ドンゴン、「デビューから25年…今後はコメディ作にも出演したい」

写真:Warner Bros. Korea
写真:Warner Bros. Korea
チャン・ドンゴンといえば、韓国で“イケメン俳優の代名詞”として知られている。1992年にデビューしたチャン・グンソクはドラマ「息子と娘」に出演後、様々な作品でメインキャストを務めた。1994年に放送され自身が主演を務めたドラマ「最後の勝負」は、大学バスケのブームのきっかけとなるなど、ブームの主役として人気絶頂期を迎える。

その後も「敗者復活戦」「ホリデー・イン・ソウル」「恋風恋歌」などの様々な映画で活躍し、特に1999年に公開された映画「NOWHERE ノーウェアー」では映画界からも高評価が相次いだ。だが、全ての作品で高評価を受けたわけではない。出演する作品が酷評される時代もあった。しかし、チャン・ドンゴン自身が“代表作”に挙げたクァク・キョンテク監督の「友へ チング」(2001年)で華麗に復活を遂げた。

そして2004年に公開された主演映画「ブラザーフッド」は約1174万人の観客を動員し、青龍映画賞の男優主演賞を受賞。さらには「コースト・ガード」「PROMISE 無極」「タイフーン TYPHOON」「グッドモーニングプレジデント」「マイウェイ 12,000キロの真実」「決闘の大地で」などで、韓国だけでなく海外でも活躍し、海外スターらとも共演。2012年に放送されたドラマ「紳士の品格」では、中年の熟練された品格を兼ね備えた俳優としての一面を披露し第2の全盛期を開く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >