2019/01/10 17:25

公演初日は大盛況!俳優×韓流×アーティストによる、フォトシネマ朗読劇「最果てリストランテ」再演が好評公演中!

スチール写真と朗読劇を融合させた全く新しい朗読劇『フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ (脚本:松田圭太/演出:奥村直義/スチール:諸江亮) 』が、1月5日(土)から浜離宮朝日ホール・小ホールにて再演をスタートさせ、大盛況の初日公演となった。

1月と2月の公演で俳優や韓流、ミュージシャンや声優といった、それぞれ異なるフィールドで活躍している総勢23名のキャストが集結することで大きな話題を集めている本作だが、初日公演には、今回の再演が初めての出演となる富田翔(舞台『炎の蜃気楼昭和編』シリーズ主演)、石渡真修(アイ★チュウザ・ステージ)、橋本真一(『メサイア』シリーズ)、舞台『怪人二十面相』で初主演を務めたBOYFRIENDのミヌの4名が登場した。

死者を迎える不可思議なレストランを舞台にした本作には、幼少期に両親を失くしながらも、逞しく生きた兄弟や、良きライバルとして甲子園も目指すも、死別してしまった親友同士など、様々なバックグラウンドを抱えたキャラクター達が登場するが、出演者たちはそれら個性的なキャラクターの役をいくつも担いながら感動的なヒューマンドラマを展開していく。その中で、各出演者がそれぞれのフィールドで培ってきた演技力や表現力を駆使しながら掛け合う姿はまさに必見だ。特に今回の再演で新たに加えられたストーリーには、死後の世界で人間の言語が理解できるようになった猫が登場。猫役を演じた石渡は、劇中様々なイントネーションで「ニャー」と猫語を連発し会場を大いに沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >