2017/05/08 10:16

ロイ・キム、「BOM BOM BOM」盗作問題に和解できず…12日調停に突入

韓国歌手ロイ・キム(23)の楽曲「BOM BOM BOM」を取り巻く裁判が和解勧告決定が失敗に終わり、調停に入った。
韓国歌手ロイ・キム(23)の楽曲「BOM BOM BOM」を取り巻く裁判が和解勧告決定が失敗に終わり、調停に入った。

韓国歌手ロイ・キム(23)の楽曲「BOM BOM BOM」を取り巻く裁判で和解勧告決定が失敗に終わり、調停に入った。

8日、法曹界によるとロイ・キムの「BOM BOM BOM」盗作に関連した控訴審が調停期日を持つ。裁判所は去る3月、ロイ・キム側と訴訟を提起したA氏双方に和解勧告決定を下した。しかし、ロイ・キム側とA氏は和解勧告決定に従わなかった。ロイ・キム側は去る4月4日、裁判所に異議申込書を提出し、A氏も和解でない弁論を再開してほしいとする申込書を提出した。

これに裁判部は去る4日、双方に来る12日に開かれる調停期日に出席するよう通知した。

去る2013年、作曲家A氏はロイ・キムの「BOM BOM BOM」が自身の楽曲「神様の風景になって」を盗作したとして、訴訟を提起した。当時、一審は2曲が盗作と言えるほどの類似性はないと判断し、ロイ・キムの勝訴となった。

一方、ロイ・キムは来る16日、新曲を発表しカムバックする予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >