2017/08/03 16:14

【全文】キム・ギドク監督、暴行・ベッドシーン強要容疑に「スタッフの証言が事実なら責任を取る」

他の部分は理解し難く、暴力の部分は釈明しようと思います。

撮影の初日の初シーンで、夫の携帯電話によって互いに殴り合いひどく夫婦喧嘩をする場面を撮影しました。4年前のことで曇った私の記憶では、私が自ら撮影しながら相手俳優の視線カットで俳優を殴ったのか、私の頬を私が殴ることで、この程度で演じるよう実演する過程で起きたことなのか、これも約4年前であるため正確な記憶ではありません。

どの場合でも演出者の立場で映画の事実性を高めるために集中してできた状況であって、多数のスタッフが見る中での個人的な感情は全くありませんでした。

それでもスタッフで当時の状況を正確に証言する方がいるのであれば、演出者の立場を改めて悩む契機とするのと同時に、私の過ちに責任を負います。

暴力以外はシナリオ上の場面を演出者として最善を尽くす過程で発生した誤解だと思います。

とにかく、今回の件で傷ついたその俳優に心から申し訳なく思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >