2017/08/03 16:14

【全文】キム・ギドク監督、暴行・ベッドシーン強要容疑に「スタッフの証言が事実なら責任を取る」

しかし、どんな役でも最善を尽くして演じるとの意思で数回出演を懇願し、2度も出演を決定しながら一緒に良い映画を作りたかったのに、こうした状況になり残念です。

最後に今回の件で、高レベルの映画を作る韓国映画のスタッフや俳優に対しては誤解のないことを望み、私を信じて今回の「人間の時間」に参加してくださったスタッフ・俳優陣に謝罪します。

一方、キム・ギドク監督は最近、女優A氏に暴行などの容疑で告訴された。ソウル中央地検は刑事6部(部長ペ・ヨンウォン)に該当事件を配当、捜査に乗り出したことが伝えられた。

A氏が提出した告訴状によると、A氏は2013年に公開したキム・ギドク監督の映画「メビウス」で母親役を担った。そこでキム・ギドク監督が感情移入に必要との理由で頬を殴り、当初台本になかったベッドシーンを強要、結局、映画から降板したというものだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >