2017/08/08 13:05

映画産業労組委員長、キム・ギドク監督の“曖昧な”公式立場を強く非難

アン・ビョンホ全国映画産業労組委員長がキム・ギドク監督(56)の公式立場を強く非難した。
アン・ビョンホ全国映画産業労組委員長がキム・ギドク監督(56)の公式立場を強く非難した。

アン・ビョンホ全国映画産業労組委員長がキム・ギドク監督(56)の公式立場を強く非難した。

韓国の全国映画産業労組、女性映画人会、韓国独立映画協会、全国性暴力相談所協議会(126か所)、韓国性暴力相談所、韓国女性団体連合、韓国女性の電話などが構成したキム・ギドク事件の共同対策委員会は8日午前、ソウル地方弁護士会会館で記者会見をおこない、暴行・強要などで告訴されたキム・ギドク監督に関する公式立場を明かした。

キム・ギドク監督は最近、女優A氏の頬を殴るなどの暴行をはたらき、望まないベッドシーンを強要した容疑で告訴された。

同件が広まると、キム・ギドク監督は公式立場を通して「4年前のことで曇った私の記憶では、私が自ら撮影しながら相手俳優の視線カットで俳優を殴ったのか、私の頬を私が殴ることで、この程度で演じるよう実演する過程で起きたことなのか、正確な記憶ではない」としながらも、「スタッフで当時の状況を正確に証言する方がいるのであれば、演出者の立場を改めて悩む契機とするのと同時に、私の過ちに責任を負う」と伝えた。謝罪でも強い否認でもなく、曖昧な立場を示している。

これに対してアン・ビョンホ氏は「暴行したならば謝罪すべき。但し書きをつけること自体がこの事件を免れ、有名監督としての地位を確保するための手段と見える」とし、「行為があったならすぐに謝るのが優先だ。なのに、スタッフの証言を確認した上で謝罪するとしている。現事態を冷遇する態度で終わらせるのではないか」とキム・ギドク監督の曖昧な立場を強く非難した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >