2017/08/21 22:40

≪ドラマNOW≫「王は愛する」21話

ドラマ「王は愛する」より(提供:OSEN)
ドラマ「王は愛する」より(提供:OSEN)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

21日に放送されたMBCドラマ「王は愛する」21話では、ウン・サン(ユナ(少女時代))がワン・ウォン(イム・シワン(ZE:A))に気持ちを伝える様子が描かれた。

ワン・ウォンはウン・サンに「リン(ホン・ジョンヒョン)は君が誰なのか早くから分かっていたんだろ」とし、「君はいつ分かったんだ」と聞いた。ウン・サンは「うちにいらっしゃった時です」と答えた。

ワン・ウォンは「あの日目隠しをしていた女性、父上がワン・ジョン(ユン・ジョンフン)と一緒に呼んだ女性も?」と聞き、「私がひざまずき、侮辱されたのを全て見たのだな。そして私の所に来て切れた腕輪の代わりに首飾りを渡し、私の傷の手当てをしてくれた。そんなにかわいそうだったか。また来て懇願しただろ。君を世子妃に選ばないでほしいと」と言った。

続けてワン・ウォンはどうして世子妃に選ばないでほしいと言ったのか聞いた。ウン・サンは「知ってしまった」とし、「リン王子が残るにはタンお嬢様(パク・ファンヒ)が世子妃にならなければいけないことを」と答え、父親とワン・リンの身の安全を頼んだ。

ワン・ウォンは自分に対して一言もないのかと聞いた。ウン・サンは「お会いできたら、ソファが感謝していると伝えてください。私も知らずに、私のためにいつも尽力くださったことを後になって知ったと。いつでも後ろから見守ってくれたことを今になって分かったと。そして親孝行しながら大事にされ、どうかいつまでもお元気でとお伝え下さい」と言った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >