2017/11/29 19:33

オンユ(SHINee)からテヨン(少女時代)まで…SMエンタの2017年は“厄払い”の連続

韓国大手芸能事務所SMエンタテインメント所属のアーティストにとって、ことしは最高の活躍を立証した一年でもあったが、同時に“厄払い”の年でもあるようだ。(提供:OSEN)
韓国大手芸能事務所SMエンタテインメント所属のアーティストにとって、ことしは最高の活躍を立証した一年でもあったが、同時に“厄払い”の年でもあるようだ。(提供:OSEN)

韓国大手芸能事務所SMエンタテインメント所属のアーティストにとって、ことしは最高の活躍を立証した一年でもあったが、同時に“厄払い”の年でもあるようだ。

「SHINee」メンバーのオンユは8月、強制わいせつ容疑で立件されて調査を受けて帰宅したという内容が報道されるというハプニングに遭った。当時、所属事務所によると、オンユはDJデビューする知人を祝うために、友人たちとクラブに訪れて、酒に酔った状態で踊っていたら周りの人との身体的接触が起こり、誤解されて警察で調査を受けたという。当事者も全ての誤解を解き、何の処罰も望まないという告訴取り下げ書を提出して終わった。全て誤解から始まって起きたことだが、事実関係と関係なくオンユはJTBCドラマ「青春時代2」から降板し、東京ドーム公演にも参加しないと決定した。

「SUPER JUNIOR」は2年2か月ぶりの新曲発表を前に、様々なイシューが飛び交った。まずはファンが、メンバーのソンミンに対してボイコットをした。またカンインは酒に酔って交際相手の女性を暴行したと噂になった。2009年と昨年に2回も飲酒運転で取り締まられたこともあり、ネットユーザーによって“袋叩き”に遭った。当時、所属事務所は「カンインは酒の席に共にいた友人と言い争っていた際に誤解を招いて、派出所から警察官が来ることになった。相手の方に謝罪し、現場で円満に解決している」と伝えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >