2017/12/29 11:59

「花遊記」、未聞の放送事故に続きスタッフの脳出血・下半身まひ重傷で雇用労働部の現場調査受ける…最悪の状況

「花遊記」、未聞の放送事故に続きスタッフの脳出血・下半身まひ重傷で雇用労働部の現場調査受ける…最悪の状況(提供:news1)
「花遊記」、未聞の放送事故に続きスタッフの脳出血・下半身まひ重傷で雇用労働部の現場調査受ける…最悪の状況(提供:news1)

韓国tvN週末ドラマ「花遊記」が結局、雇用労働部の現場調査を受けた。ワイヤーが露出するという前代未聞の放送事故やスタッフの重傷問題で、放送2回で“歴代級の問題作”となったのに続いて、雇用労働部の現場調査をも受け、再び注目を浴びている。

雇用労働部平沢(ピョンテク)支庁は去る28日午後2時、全国言論労働組合(以下、言論労組)の要請で京畿道(キョンギド)安城市(アンソンシ)一竹面(イルチュンミョン)に位置する撮影現場を訪れ、スタッフ墜落事故現場を視察した。

言論労組側は「約2時間半の調査と面談を通して、制作会社側が事故発生後も再発防止対策を準備せず撮影を続けていることを確認した」と伝えた。

言論労組側が指摘した問題は■墜落事故と共に崩れ落ちたセットの天井を補修したのに、あちこちで天井を支える木材や合板の間が広がっている点、■底に各種ケーブルや木材およびペイントなど引火物質が煩わしく置かれ、転倒事故や火災において最悪な構造だったという点、■セット場を再設置したり補強したりせず、現場をはんだ付け式で収拾して撮影を継続していたという点だ。これに言論労組側は「いつスタッフや俳優に第2の事故が発生してもおかしくない状況」と声を高めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >