2018/02/08 15:54

【全文】“性的暴行容疑”イ・ヒョンジュ監督、映画界引退を宣言「これ以上、映画の仕事はしない」

同性への性的暴行容疑で有罪判決を受けた韓国の女性映画監督イ・ヒョンジュ氏(36)が映画界を引退する立場を明かした。(提供:OSEN)
同性への性的暴行容疑で有罪判決を受けた韓国の女性映画監督イ・ヒョンジュ氏(36)が映画界を引退する立場を明かした。(提供:OSEN)

同性への性的暴行容疑で有罪判決を受けた韓国の女性映画監督イ・ヒョンジュ氏(36)が映画界を引退する立場を明かした。

イ監督は8日、報道資料を通して「これ以上、映画の仕事はしない」と伝えた。

以下は立場全文。

私はあの出来事を記憶しています。そのため、裁判過程でそれなりの物足りなさが大きかったです。この状況が広がった後も、私は立場文を通して、あの出来事に再び理解してもらおうとしました。

しかし、私の残念な思いを解くため、そして理解してもらうためだった行動は、すでに起こった状況に対して、なんの免罪符にもなりません。多くの方がこの事で傷つき、その傷はますます大きくなっています。

申し訳ありません。

私はあの日の出来事を伝えるのに汲々としたあげく、あの日以降、被害者と被害者の恋人が感じた苦痛を見逃していました。理由に関係なく、私の行動はあまりにも大きな損傷を与えたことを認め、反省しています。そして映画「恋物語」(2016)を大切にし、愛してくださった映画人や観客、この映画に携わったすべての方々に大きなショックと傷を与えてしまい、申し訳ありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >