2018/02/08 22:07

【個別インタビュー】テウン(SNUPER)&ミンス、「マイ・バケットリスト」でミュージカル初挑戦「24時間一緒にいて、台本の話しかしない(笑)」

左からミンス、テウン(SNUPER)
左からミンス、テウン(SNUPER)

命の美しさと尊さを描く韓国発ヒューマン・コメディ・バディミュージカル「マイ・バケットリスト」。同作は、人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する「プラシーボ・プロジェクト」を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。

2014年に韓国の新たな演劇が生まれる場所と言われる大学路(テハンノ)で初演された後、2015年、2016年に再演、2017年に日本で初上演され、このたび、2月20日(火)から東京・新宿シアターモリエールにて初の日本語公演が上演される。

カング役はキム・ヨンソク(CROSS GENE)、ミンス、キム・ナムホがトリプルキャストで、ヘギ役はテウン(SNUPER)とインジュンがWキャストで演じる。開幕に先駆けて行われた制作発表会では、作品への熱い思いを語り、絶妙なチームワークを見せていたキャストたち。制作発表会が終わった後、カング役のミンス、ヘギ役のテウンに話を聞いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >