2018/03/20 14:10

「Wanna One」メンバーが放送事故で漏らした報酬への不満の実態

「Wanna One」メンバーが放送事故で漏らした報酬への不満の実態
「Wanna One」メンバーが放送事故で漏らした報酬への不満の実態

「僕らはなぜ、報酬をきちんと受けられないのか」、「僕らはなぜ、20%しか貰えないのか」、韓国アイドルグループ「Wanna One」メンバーが発した言葉だ。

スターライブ生放送の待機中だった「Wanna One」らの素の姿が赤裸々に送出され、その過程で出た問題発言の一部である。

一日の休みもなく昼夜問わずスケジュールを続けている「Wanna One」が報酬を受けられていない状況であるならば、大問題だ。一体、どのような事態なのか。

結論から言うと、「Wanna One」は既に3度、報酬の受領を完了している。予定された精算日に合わせ、各事務所のメールに精算書が送付され金額も処理されている。疑問点があれば、いつでもCJ E&M側に問い合わせできるが、現在まで、契約書の記載事項と違った内訳はなかったというのが所属事務所関係者たちの立場だ。

「Wanna One」の売り上げはCJ E&Mが25%、YMCエンターテインメント(マネジメント担当会社)が25%、11人が所属する各々の事務所とメンバーが50%を分配する。その50%の売り上げから「Wanna One」メンバーと所属事務所が5:5、または7:3の比率で分けるかたちだ。個人の売り上げの場合、CJ E&MとYMCが各々25%を持ち、残り50%の金額を個人スケジュールを進行したメンバーとその事務所が持つ。その結果、3度の精算を通して、11人のメンバーのほとんどが現在まで数億ウォン(数千万円)の受領を終えていることになる。事務所のないキム・ジェファン(21)や個人CMを撮影したカン・ダニエル(21)は残り9人よりもさらに多くの報酬を受け取った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >