2018/05/08 14:51

「RAINZ」ジュ・ウォンタク、ウェブドラマにキャスティング=演技に初挑戦

韓国アイドルグループ「RAINZ」のジュ・ウォンタクがウェブドラマ「恋は映画のようではなかった」(原題)にキャスティングされた。(提供:OSEN)
韓国アイドルグループ「RAINZ」のジュ・ウォンタクがウェブドラマ「恋は映画のようではなかった」(原題)にキャスティングされた。(提供:OSEN)

韓国アイドルグループ「RAINZ」のジュ・ウォンタクがウェブドラマ「恋は映画のようではなかった」(原題)にキャスティングされた。

5部作で構成された「恋は映画のようではなかった」は映画のようではない現実に挫折するが、それにもかかわらず、もう一度愛するしかない3カップルのフレッシュで平凡な恋物語を盛り込んだ作品だ。ジュ・ウォンタクは劇中、復学生兼歌手で魔性の男、伝説のカサノバ=キム・スヒョン役を演じる。

「恋は映画のようではなかった」で初めて演技に挑戦することになったジュ・ウォンタクは「劇中で歌手という職業が実際にしている仕事と同じなので、自然な姿をお見せできるようだ。しかしカサノバという役については実際の性格と相反していて、役に入り込むために、さまざまな恋愛本を参考にしながら最善を尽くしている。一風変わった姿を期待してほしい」と伝えた。

ジュ・ウォンタクは最近MBC週末ドラマ「金持ちの家の息子」OST Part.6 「Treasure」をソロで参加し、今度は演技者としてまた別の挑戦を広げることになる。

一方、ジュ・ウォンタクが初めて演技に挑戦する「恋は映画のようではなかった」は6月中旬に制作を完了し、20か国のコンテンツで編成される予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >