2018/06/08 10:36

チャンソン(2PM)初のソロツアーが閉幕! ノンストップ・ノーMCで駆け抜ける前代未聞の“戯曲”ライブに満員の観客が陶酔

チャンソン(2PM)初のソロツアーが閉幕! ノンストップ・ノーMCで駆け抜ける前代未聞の“戯曲”ライブに満員の観客が陶酔(オフィシャル/撮影:田中聖太郎)
チャンソン(2PM)初のソロツアーが閉幕! ノンストップ・ノーMCで駆け抜ける前代未聞の“戯曲”ライブに満員の観客が陶酔(オフィシャル/撮影:田中聖太郎)

韓国アイドルグループ「2PM」チャンソンが5月23日(水)ミニアルバム「Complex」をリリース、自身初となるソロツアー「CHANSUNG (From 2PM) Premium Solo Concert 2018 “Complex”」を開催、6月7日(木)東京・中野サンプラザホールにて閉幕した。

客電が落ち、無音のモダンダンスからスタートした斬新な構成は、もはやライブの域を越え“戯曲”を彷彿させる。ファンからの熱いラブコールに、かねがね「必ずモダンダンスはやります!」と豪語していたチャンソン。客席は固唾を飲んで見守る、未だかつてない空気に包まれた。

その後もステージ上の“恋愛”ストーリーに沿って、一切の説明無しで「Miss You」のライブ・パフォーマンスに突入。立て続けに繰り出される歌とダンスに魅了された会場のボルテージはどんどん上がっていく。新曲「Treasure」の披露は勿論、中盤のコミカルな芝居、生着替えと、様々なアプローチでエンターテインメントを届ける姿勢に、表現者としての愚直なまでの誠実さを感じさせる。ストーリーも佳境に差し掛かり、恋愛の縺れを大胆なダンスや「何度でも」で表現。エモーショナルに膝を突き、崩れ落ちるチャンソンに酔いしれる観客たち。そして「Fading away」と共に恋は終わりを迎え、気持ちを整理するかのようにステージセットを徐々に畳んで行くチャンソン。本編の最後は、バラード曲「香水」でしっとりと締め括られた。

ほぼノンストップ・ノーMCで駆け抜けた本編なだけに、アンコールでは今回のソロコンサートに対する想いを一気に吐露。「2PM」の末っ子らしいチャーミングな笑顔とトークに満員の会場が沸いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >