2018/07/14 12:36

【個別インタビュー】「VICTON」、デビュー600日を迎えさらに深まった絆! 新曲の音楽番組で3位に「うれしくて心の中で泣いた」

「VICTON」左からスビン、スンウ、 ハンセ、チャン、セジュン、スンシク、ビョンチャン
「VICTON」左からスビン、スンウ、 ハンセ、チャン、セジュン、スンシク、ビョンチャン

「Apink」の弟分グループとして2016年11月にデビューして以来、精力的に活動を続け、新曲をリリースするたびに新たな姿を見せてきた7人組ボーイズグループ「VICTON」(ビクトン)。

ことし5月にリリースした韓国1stシングル「オウォルエ」が大好評を博し、人気も実力も上昇中。同曲は、悲しみの時間に向かい合うという意味が込められ、青春の愛と別れを描いた歌詞と、メンバーそれぞれ持つ魅力的な歌声が完成度を高め、「VICTON」の成長が感じられる曲になっている。

家族のように仲が良く、“家族ドル”と言われるほど絆が強く、7月1日にはデビュー600日を迎え、ますます勢いに乗る彼ら。「僕たちは『VICTON』です!よろしくお願いします」と笑顔であいさつをした後、韓国語と日本語を交えながら、仲睦まじい雰囲気で「オウォルエ」の活動を振り返った。

Q.自分の魅力を挙げながら、自己紹介からお願いします!

ハンセ:こんにちは。僕は「VICTON」のラッパー、ハンセです。カリスマラッパーです。よろしくお願いします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >