2018/07/20 21:28

【公式】俳優キム・ジョンヒョン側が“態度騒動”を謝罪「余命宣告された役に入り込みすぎた」

韓国俳優キム・ジョンヒョン(28)が、MBCの新ドラマ「時間」の制作発表会で無表情を一貫し、騒動になっている中、所属事務所側が「役に入り込みすぎた」と謝罪した。(提供:OSEN)
韓国俳優キム・ジョンヒョン(28)が、MBCの新ドラマ「時間」の制作発表会で無表情を一貫し、騒動になっている中、所属事務所側が「役に入り込みすぎた」と謝罪した。(提供:OSEN)

韓国俳優キム・ジョンヒョン(28)が、MBCの新ドラマ「時間」の制作発表会で無表情を一貫し、騒動になっている中、所属事務所側が「役に入り込みすぎた」と謝罪した。

20日、キム・ジョンヒョンは「時間」の制作発表会に出席したが、終始無表情だったため騒動となった。これに対して所属事務所のO&エンターテインメント側は「一日一日、死が近づいてくるという劇中の役に悩み、入り込む時間が多かったので、コンディションの調節が大変で、間違ったことをしてしまった」と明らかにした。

続けて「今日のことについて本人もひどく当惑し、他の俳優たちを始めとする全ての関係者に申し訳ないと思っている」と伝えた。

キム・ジョンヒョンの無表情が騒動にまでなるようなことではなかったが、女性主人公のソヒョン(少女時代)と共に写真を撮るフォトタイムでも表情がよくなかったので、視聴者を残念がらせた。現場で「コンディションがあまりよくないのか」と質問されたキム・ジョンヒョンは「撮影の時やそうでない時、私の生活全てをチョン・スホのように過ごそうと努力している。どの瞬間でも、寝る時も移動する時もキム・ジョンヒョンという人物が出てきて選択することを抑制している」と説明する場面もあった。

また制作発表会が終わった後に予定されていたVライブまで中止になり、騒動は大きくなった。これについてキム・ジョンヒョン側は「スケジュールの問題で中止になった」と伝えながらも、キム・ジョンヒョンの態度騒動については申し訳なく思っていると謝罪し、注目を集めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >