2018/07/24 21:26

パク・シフ出演の新ドラマPD、セウォル号事故の遺族を比喩に用いた発言で謝罪

ところがカンPDが軽率な発言をしたのだ。ペ・ギョンスCPは「ドラマの内容にインタビューをするシーンがあるが、その演技でPDが『これはセウォル号のインタビューではない』と言った。ところがスタッフがセウォル号まで持ち出すのは問題があると考えて自分たちだけが共有するサイトに文章を掲載した」と明らかにした。

またペCPは「カンPDが自ら間違っていたと思って翌日には俳優陣やスタッフに謝罪した。我々の立場としても波紋が広がったことを反省している」としたが、ネットユーザーの怒りは収まっていない。「ラブリー・ホラーブリー」の視聴拒否という反応まで出ている。

そこにPD交代について明らかにしておらず、ネットユーザーのドラマに対する拒否感はさらに大きい。セウォル号事故の遺族を比喩に用いた発言をしたPDが降板せずにドラマの演出を続けていくことにネットユーザーは不快だという反応も見せている。これはすぐにドラマの視聴率に直結するに違いない。騒動が鎮火していく中、制作陣がPD交代のカードを出さない以上、ネットユーザーの視聴拒否は続くとみられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >