2018/07/27 22:55

【イベントレポ】26日開幕カラム主演ミュージカル「GRIEF 7」、公開ゲネプロで意気込み語る「いままでの中で一番自信のある作品になりそう」

左から今井稜、SHUN、碕理人、米原幸佑、カラム、加藤良輔、三浦海里、矢内康洋、錦織一清
左から今井稜、SHUN、碕理人、米原幸佑、カラム、加藤良輔、三浦海里、矢内康洋、錦織一清

7つの大罪をテーマとしたオリジナルストーリーで、監獄で出逢った若者6人の心の葛藤をミュージカルで描いていく「GRIEF 7(グリーフセブン)」。

ミュージカル「グレイト・ギャッツビー」など数々の舞台演出を手掛けている錦織一清を演出に迎え、原作を小説「竹久夢二のすべて」「猫と裁判」で知られる野村桔梗、脚本を「Club SLAZY」シリーズで知られる三浦香が手掛けるなど最高のスタッフが揃い、出演者にはカラム、碕理人、SHUN(Beat Buddy Boi)、三浦海里、加藤良輔、米原幸佑ら個性豊かな面々が名を連ねている。

“この世”と“人”の闇に焦点を当てた、極上のエンターテインメントステージとして誕生した本作が、7月26日(木)東京・俳優座劇場にて初日を迎え、公演に先立ち、公開ゲネプロが行われた。

ゲネプロでは、監獄を舞台に、それぞれが背負う深い悲しみ、罪などが次々と明かされながら、何かを抱えた男たちが少しずつ変わっていく、目が離せない物語が展開され、重いストーリーではあるが、キャストたちのハイクオリティな歌とダンスシーンなど多彩で華やかな楽曲の数々も披露された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >