2018/08/03 17:39

ドラマ「三十ですが十七です」の死亡したスタッフ、死因は「内因性脳出血」

ドラマ「三十ですが十七です」の死亡したスタッフ、死因は「内因性脳出血」(提供:news1)
ドラマ「三十ですが十七です」の死亡したスタッフ、死因は「内因性脳出血」(提供:news1)

SBSによると去る1日に死亡したSBSドラマ「三十ですが十七です」(原題)制作スタッフの死因は「内因性脳出血」であることが確認された。内因性脳出血は外的な要因ではなく内的(既存の疾患など)な要因により発生した内出血であるという意味だ。

去る1日、「三十ですが十七です」のカメラ担当スタッフが自宅で死亡したというニュースが伝えられた。該当スタッフが7月末、猛暑の中で撮影が行われた日に続けて勤務していたことが知られ、死亡原因が熱中症や過労ではないかとの疑惑が提起された。そのため故人の死因に関心が集中していたところ、内因性脳出血という結果が出た。

一方、スタッフ死亡事件が報道され、一劣悪な放送制作環境の変化を促す声が高まっている。言論労働組合は放送局、制作会社、政府が劣悪な制作現場の長時間労働の改善対策を発表するようにという声明を発表した。記録的な猛暑が続いているだけに、現場の早い変化が必要だという意見が集まっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >