2018/08/23 22:54

ドラマ「四子」、放送局問題からナナ(AFTERSCHOOL)降板伝達まで

韓国ドラマ「四子」がまた危機に直面した。今回は女性主人公のナナ(AFTERSCHOOL)が降板意志を明らかにしたのだ。(提供:OSEN)
韓国ドラマ「四子」がまた危機に直面した。今回は女性主人公のナナ(AFTERSCHOOL)が降板意志を明らかにしたのだ。(提供:OSEN)

韓国ドラマ「四子」がまた危機に直面した。今回は女性主人公のナナ(AFTERSCHOOL)が降板意志を明らかにしたのだ。

「四子」は、俳優パク・ヘジンの1人4役に挑戦して韓国ドラマ史上例のないキャラクターを演じると期待されていたドラマだ。ことし1月から撮影を始めた「四子」は、取材陣を招待して記者懇談会を開き、撮影現場を公開するなど他のドラマとは違ったイベントを準備して話題を呼んだ。

ところが放送する局が変わったのに始まり、制作会社と制作陣とのいざこざや、出演者から降板の意志を伝えられるといった紆余曲折のあるドラマとなった。

●2017年12月に台本読み合わせ→2018年に撮影開始

「四子」の制作陣と出演者は、昨年12月15日に台本読み合わせをおこなった。台本読み合わせには、パク・ヘジン、ナナを始め、イ・ギウ、クァク・シヤン、キム・チャンワン、パク・クニョン、レン(NU‘EST)、ソ・ヒジョンといった出演者、チャン・テユPDと主なスタッフまで数十人が初めて集まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >