2018/10/19 13:05

「TheEastLight.」リーダーが緊急会見、暴行被害の証拠も提示

「TheEastLight.」リーダーが緊急会見、暴行被害の証拠も提示
「TheEastLight.」リーダーが緊急会見、暴行被害の証拠も提示

韓国ボーイズバンド「TheEastLight.」のリーダー、イ・ソクチョル(18、ドラムス)がメディアラインのプロデューサー(PD)から暴行を受けていたことを涙ながらに明かした。また、実際に暴行を受けた際の証拠も提示した。

19日午前、ソウル・光化門(クァンファムン)弁護士会館10階で、「TheEastLight.」メンバーの暴行被害記者会見が開催された。この席には法務法人ナムガンのチョン・ジソク弁護士と「TheEastLight.」イ・ソクチョルが出席した。

イ・ソクチョルが涙ながらに「2015~2017年、メディアラインエンターテインメントのムン・ヨンイルPDから暴行を受けた」とし、内容について「地下練習室、レコーディング室、スタジオ、屋上などで、つらい姿勢を取らされた状態で野球バットや棒、鉄製ワイパーなどで尻を何回も常習的に叩かれた」と主張。

また、その証拠として鉄製ワイパー形状のモップ棒を提示し、チョン弁護士が説明を加えた。

さらに、イ・ソクチョルは「キム・チャンファン総括プロデューサーはこれを黙認。自ら暴言、暴行をはたらいたこともある」と訴え、涙を流した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >