2018/10/23 22:50

【公演レポ】カラム(KARAM)、「アコースティック LIVE &トーク」でファンと心を一つに「世界が終わるまで、この絆を大切にずっと一緒に歩いていこう」

カラム(KARAM)
カラム(KARAM)

ことし6月にソロとして初のシングル「Rise Up」をリリースし、7月にはミュージカル「GRIEF7」、8月には舞台「マイ・バケットリスト」で変幻自在に多彩なキャラクターを好演するなど、歌手、俳優として大活躍中のカラム(KARAM)。

10月8日(月・祝)にミュージカルの打ち上げファンミーティングを開催したのに続き、10月9日(火)には東京・シダックスカルチャーホールにて、「カラム アコースティック LIVE &トーク」を2公演開催した。

今回は生バンドを従えての臨場感あふれるライブとあって、ダンス封印で、思い入れのあるJ-POPのカバー曲を中心に、男性ボーカリストの曲はもちろん、女性ボーカリストの曲まで、曲によって歌唱法を変えながら、高い歌唱力を存分に発揮し、得意の日本語トークでもファンとコミュニケーションを図りながら、笑いと感動を届けた。

この日の昼公演は、「スキマスイッチ」の「全力少年」、「君の話」を熱唱し、オープニングを華々しく飾ったカラム。「きょうカラムのLIVE &トークにお越しいただき、ありがとうございます!」とあいさつすると、1曲目に「全力少年」を選曲した理由を語り始めた。この曲は、舞台「MAGIC×MAGIC」でインジュンが劇中、歌っていたもので、インジュンに「今度ライブをするから歌っていい?」と聞いたら、「イヤだよ。自分がアピールできる曲なのに、なんでカラムが歌うんだよ」と断られたのだとか。だから、「すごい寂しいこと言うね~」と言ったきり、インジュンには内緒で歌ったというカラム。「インジュンのSNSに、“カラムが『全力少年』歌ってました”って自慢していいですよ。先に歌っちゃったからね。あいつ全部歌ってないですから。こっちはフルで歌いましたから、勝ちです(笑)」とイタズラな表情を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >