2018/10/24 13:01

歌手ソン・ダムビ、全盛期は「人気があっても、心は貧しさを感じた」

歌手ソン・ダムビ、全盛期は「人気があっても、心は貧しさを感じた」(画像提供:テウォンエンターテインメント)
歌手ソン・ダムビ、全盛期は「人気があっても、心は貧しさを感じた」(画像提供:テウォンエンターテインメント)

「最も人気だった時代が一番つらかった。精神的に…。目を覚ますとすぐに撮影現場へ行く”機械”のような8年間を過ごしているうちに、うつ病にもなった。とても多忙なスケジュールの中で、自分の生活など何もないと感じる瞬間もあった。人気はあったけど、心は貧しかった」。

歌手で女優のソン・ダムビ(34)がインタビューに応じ、「いまようやく余裕が出ている」とし、30代という単語がくれるプレゼントだと笑って答えた。

「いまは、考える時間も多い。20代を考えると『一度も休まず、ただ一生懸命走り抜けてきたな』と、自ら激励もしている。ストレスもだいぶなくなった」と明かしたソン・ダムビ。

活動に対する欲のせいで、結婚への考えが冷めているのではと聞かれると、笑い声が響いた。

「仕事のせいで、恋愛を疎かにしてきた。しかし、最近はそれよりも女友だち同士で集まっているため、男性に出会うチャンスが減っている。最近もずっと、さびしい。だけど、チョン・リョウォンさんなど、仲の良いオンニ(年上女性を意味する韓国語)たちと一緒に過ごしているからか、普段はさびしさを感じない」としながらも、「どこかに私の”相手”がいるのだと思うが、現れない気もする。これから現れたら、私が掴んで離さない(笑)。恋愛をするのに、最高の季節だから」と”女子”の表情を浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >