2019/01/04 20:19

俳優シン・ドンウク、“祖父孝行詐欺”騒動について語る

シン・ドンウクの父親と祖父は親子関係が切れた状況で、二人を和解させるために敢えて週末に一緒に過ごす時間を作ったりしたが、その時祖父が変わり始め、シン・ドンウクを家から追い出したという。「父がよく来るので、僕が必要なくなったと思った。突然僕がだましたと言いながら、7~8か月で追い出された。しかし父も追い出された。その時、二度と祖父に会えずにいるのだと思っていた」と語った。

しかしシン・ドンウクが、祖父に再会したのは2017年9月のtvNドラマ「ライブ」の撮影の時だった。

孫に会いたいという電話で、利川にすぐに向かい、体調が悪化した祖父を見て放っておけなかったという。シン・ドンウクは「祖父が僕の手を握りながら『私の人生は残り少ない。お前が長男なんだからご先祖様の法事をしっかりやらなければならない』と言った。すでに祖父と他の家族は会っていない状況だったので、法事をする人がいなかった。いくら憎くても家族だと言う言葉を聞けばじーんとくる。それからまた祖父に会いに行くようになり、その度に法事や大田(テジョン)の1万5000坪の土地を受け取れと言われた。法事を取り仕切る人に渡す財産だとずっと言われたが、僕はずっと断り続けていた。10回ぐらい断った時に、祖父が涙を流しながら頼んでいるのに、孫の立場としてこれ以上断るわけにいかない気がした。仕方なく受け取ると言うと、死んでも思い残すことはないと祖父は言った。その日は気分も良くなったのか、お酒も飲んでいた」と当時を振り返りながら目を赤くした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >