2019/03/21 11:28

【全文】「Wanna One」出身カン・ダニエル、所属事務所LMを相手に専属契約の効力停止仮処分を申請

韓国歌手カン・ダニエルが、所属事務所LMエンターテインメントを相手に専属契約効力停止の仮処分を申請した。(提供:OSEN)
韓国歌手カン・ダニエルが、所属事務所LMエンターテインメントを相手に専属契約効力停止の仮処分を申請した。(提供:OSEN)

韓国アイドルグループ「Wanna One」出身の人気歌手カン・ダニエル(22)が、所属事務所LMエンターテインメントを相手に専属契約効力停止の仮処分を申請した。

以下、カン・ダニエルの代理人、法務法人津村(ユルチョン)の公式立場全文。

アイドル歌手カン・ダニエルの代理人である法務法人津村は21日、LMエンターテインメントを相手にソウル中央地方裁判所に専属契約の効力停止仮処分を申請しました。

この件を担当している津村の弁護士ヨム・ヨンピョ(スポーツエンターテイメント紛争チーム長)は、「LMエンターテインメントがカン・ダニエルの事前の同意なく、カン・ダニエルに対する専属契約上の各権利を第三者に有償で譲渡する共同事業契約を締結し、専属契約を正面から違反したことにより、仮処分を申請することになった」と明らかにしました。

また「通常の仮処分は1~2か月前後で迅速に決定され、容認決定されるとカン・ダニエルはすぐに独自に芸能活動ができる」と説明しました。

同時に「カン・ダニエルは状況が法的論争までいってしまって非常に残念で、大事にしてくれるファンに申し訳ないと思っており、今回の事態が一日も早く終結することを希望する意を表しました」と伝えました。

カン・ダニエルは、LMエンターテインメントと専属契約を締結していますが、相手の契約違反を知り、契約解除を要請してきました。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >