2019/04/25 20:38

“ついに除隊”俳優イ・ミンホ、復帰作じっくり検討

韓国俳優イ・ミンホ(31)が25日午前、国防の義務を終えて除隊した。(提供:OSEN)
韓国俳優イ・ミンホ(31)が25日午前、国防の義務を終えて除隊した。(提供:OSEN)

韓国俳優イ・ミンホ(31)が25日午前、国防の義務を終えて除隊した。

イ・ミンホは25日午前、ソウル・江南(カンナム)区の水西総福祉館に最後の出勤をした。周辺にはすでに除隊を歓迎する世界各国からのファンが集まった。

黒いジャケットとジーンズ姿のイ・ミンホは飾り気のない自然な雰囲気で、最後の出勤を応援するために集まったファンに温かな眼差しを送り、手を振ってあいさつをした。

イ・ミンホは2006年にドラマの撮影中、交通事故で脚をケガして大きな手術を受けた。そのため、社会服務要員として代替服務の判定をされ、先行服務制度により2017年5月12日からソウル・江南区庁で社会服務要員として勤務した。そして昨年、論山(ノンサン)訓練所で4週間の基礎軍事訓練を受けた後、江南区庁に戻って水西総福祉館で服務を遂行してきた。

2019年4月25日午後6時、イ・ミンホは代替服務を全て終えた。これで放送界からラブコールが一層激しくなりそうだ。除隊前から様々な映画やドラマのオファーのあったイ・ミンホは、焦らずに悩みながら次回作を選んでいるという。

これに関して所属事務所側は「様々な作品のオファーをもらい、検討してはいるが、現在は何も決まっていない」とし、「当分は広告撮影や作品の検討に集中する予定だ」と明らかにした。

「花より男子」から「青い海の伝説」まで様々な作品で存在感を放って韓流スターぶりを見せてきたイ・ミンホが、除隊後に見せてくれる活躍に今から期待が高まっている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >