2019/06/10 10:48

1歳の息子抱きかかえて投球のチェ・ミンファン(FTISLAND)が謝罪 「心配かけて申し訳ない」

1歳の息子抱きかかえて投球のチェ・ミンファン(FTISLAND)が謝罪 「心配かけて申し訳ない」(画像:チェ・ミンファンSNS)
1歳の息子抱きかかえて投球のチェ・ミンファン(FTISLAND)が謝罪 「心配かけて申し訳ない」(画像:チェ・ミンファンSNS)

生後12か月の子どもを抱いたまま始球式で投球し、物議をかもしている「FTISLAND」チェ・ミンファン(26)が謝罪した。

チェ・ミンファンは9日、自身のSNSに息子ジェユル君との写真と共に文章を投稿した。

この文章でチェ・ミンファンは「先日、ハンファとLGの野球競技で始球する過程において、子どもが危険な状態に陥る可能性があるとの点でご心配をおかけし謝罪いたします」とし、「このような光栄な場に息子と共に呼んでいただけで、うれしかった。始球式のマウンドにあがる直前まで、どのような方法で投球するのが一番良いか、そして安全であるか、練習もたくさんして、あれこれ悩んでいた」と説明。

続けて「結果的に、僕の不注意によって子どもが危険な目に遭う可能性があったこと、そして今回の件で多くの方々に心配をおかけしてしまい謝罪申しあげます」と伝えた。

これを前に、チェ・ミンファンは去る8日午後、大田ハンファ生命イーグルパークで開かれたハンファ・イーグルス対LGツインズの試合前、 息子ジェユルくんを抱いて始球式ピッチャーとしてマウンドにあがった。

このとき、チェ・ミンファンは1歳の息子をベビースリングで正面に抱き、そのままの状態でピッチング。ボールを投げる勢いでジェユルくんの首は大きく動き、苦痛の表情を浮かべるようすが放送された。

幸い、ジェユルくんの体調に異常はみられていないが、テレビやYouTubeを通してこの場面を見た視聴者から「危険だ」との非難が相次いだ。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >