2019/06/27 19:07

ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョ、なぜ協議離婚ではなく裁判上の離婚手続きなのか

二人は離婚には合意し、円満に離婚手続きを進めていると伝えた。

離婚手続きには協議離婚、裁判上の離婚がある。協議離婚は当事者間に離婚の合致があり、裁判所にこれを確認する手続きを経る。

二人が離婚に合意したと伝えられる中、なぜソン・ジュンギは協議離婚ではなく調停を申請したのだろうか。

協議離婚は裁判所が当事者の離婚の意思を確認しなければならないため、夫婦が裁判所に申請書を手続きする時と判事による離婚意志の確認手続きなど少なくとも2度、裁判所に出向かなければならない。

離婚申請書を出し、離婚に関する教育などを案内され、4週間の熟慮期間を経た後、判事の前で離婚意志を最終的に明らかにして、離婚が成立する。

一方、裁判所に調停申請をすれば、当事者が出廷することなく代理人を通じて離婚手続きを踏むことができる。家庭裁判所出身のある弁護士は「当事者が出向かなくてもいいので、芸能人が調停申請をよくする」と述べた。

二人が何も問題なく、離婚に合意するという意志を意見書で明らかにすれば、調停手続きを踏むことなく和解勧告によって裁判所が離婚を決定することもできる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >