2019/06/29 21:18

新作映画「わが国の語音」側、主演女優の故チョン・ミソンを哀悼…今後の日程を議論中

韓国女優チョン・ミソン(享年48)の遺作となった映画「わが国の語音」側が、哀悼の意を表した。(提供:OSEN)
韓国女優チョン・ミソン(享年48)の遺作となった映画「わが国の語音」側が、哀悼の意を表した。(提供:OSEN)

韓国女優チョン・ミソン(享年48)の遺作となった映画「わが国の語音」側が、哀悼の意を表した。

映画「わが国の語音」側は29日、「映画『わが国の語音』チームは女優の故チョン・ミソンさんに深い哀悼を表する」とし、「今後の映画関連の日程は議論の後、改めてお伝えする」と明らかにした。

4日前の25日、ソウル・東大門(トンデムン)メガボックスで制作報告会がおこなわれており、その場にはチョン・ミソンや俳優ソン・ガンホ、パク・ヘイル、チョ・チョルヒョン監督が共に出席していた。

続けて映画「わが国の語音」側は故人となったチョン・ミソンに「冥福をお祈りする」と丁重に伝えた。

来月24日に公開予定の映画「わが国の語音」は、全てをかけてハングルを作った世宗(セジョン)大王と不屈の信念で共にした人たち、歴史に盛り込めなかったハングル創製の隠されたストーリーを描いている。

本作でチョン・ミソンは昭憲(ソホン)王妃、ソン・ガンホが世宗大王、パク・ヘイルがシンミ僧侶を演じている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >