2019/11/12 19:49

イ・ビョンホン、映画「白頭山」で初の北朝鮮要員役に挑戦、方言から中国語・ロシア語まで消化

イ・ビョンホン、映画「白頭山」で初の北朝鮮要員役に挑戦、方言から中国語・ロシア語まで消化(提供:OSEN)
イ・ビョンホン、映画「白頭山」で初の北朝鮮要員役に挑戦、方言から中国語・ロシア語まで消化(提供:OSEN)

映画「神と共に」シリーズを製作したデクスタースタジオの新作であり、イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン、スジのキャスティングで話題を集めている映画「白頭山(ペクトゥサン)」(監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ)のイ・ビョンホンが「リ・ジュンピョン」役を演じ、デビュー以来初めて北朝鮮要員のキャラクターに挑戦する。

「白頭山」は韓国と北朝鮮のいずれも飲み込む未曽有の災害である白頭山の最後の爆発を防がなければならない人々の話を描いた映画だ。「インサイダーズ/内部者たち」、「MASTER マスター」、「天命の城」に続きドラマ「ミスター・サンシャイン」まで作品ごとに新しい変身を重ねながら、人並外れた活躍を繰り広げてきた俳優イ・ビョンホンが「白頭山」で北朝鮮武力部所属1級要員「リ・ジュンピョン」役でデビュー後初の北朝鮮要員を演じる。

白頭山の最後の爆発を防ぐための決定的な情報を手にした人物である「リ・ジュンピョン」は二重スパイであることが発覚し、収監されていた時に韓国の作戦に参加するようになった人物だ。「さまざまな性格と面貌を持っているキャラクターである。映画を観ながら『リ・ジュンピョン』に対する関心の数々がずっと続くことを願いながら演技をした」と伝えたイ・ビョンホンは、心の中がなかなか読めない立体的なキャラクターを真剣さとユーモラスさを行き来する幅広い演技力で完成させた。特にイ・ビョンホンはキャクラーのために北朝鮮の方言から中国語、ロシア語などさまざまな言語での演技に挑戦したのはもちろん、銃器を使用したアクションまで消化し、多彩な魅力を披露する予定だ。

これに製作を務めたキム・ヨンハ監督は「演技スペクトラムが広い『リ・ジュンピョン』役を非常に吸引力を持って演技する姿を見て、撮影現場でとても驚いた」と伝え、イ・ビョンホンが披露する新しい変身に対する期待を増幅させた。

映画「白頭山」は今年12月に韓国で公開される予定だ。



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >