2018/05/23 22:05

LINE依存すると恋愛がうまくいかないワケ

メールやLINEでのコミュニケーションはアプローチの第一歩としてはとても便利なのですが、使用頻度が高くなるほど、ネガティブな思考に陥る人が後を絶ちません。
メールやLINEでのコミュニケーションはアプローチの第一歩としてはとても便利なのですが、使用頻度が高くなるほど、ネガティブな思考に陥る人が後を絶ちません。

メールやLINEに依存すると、思い込みやすれ違いが多発する?

好きな人ができたとき、アプローチの第一歩としてメールやLINEをするのはごく自然な流れです。まずはLINEやメールを使って、心の距離を縮めようと考える人も多いでしょう。ですがこの考えこそが、逆に相手の事を分からなくしてしまうことが多いのです。

実際、恋愛相談でも、
「こんなメールを送ったら、相手に嫌われてしまいますか?」「彼のLINEの返信は脈ナシでしょうか?」というメールやLINEによるネガティブ思考の内容が増えています。

メールやLINEの使用頻度が高くなるほど、ネガティブな思考に陥る人が後を絶ちません。距離を縮めるつもりだったはずが、結果消極的になり恋愛を諦めざるを得なくなってしまったという罠。なぜ、使用しない方が良いのでしょうか?

3つの弊害を挙げていきましょう。

1.絵文字や文章の長さに、いちいち感情を揺さぶられる
好きな人とメッセージをやりとりしていて、「絵文字が無かった。返事がそっけなかった。きっと自分とメールしていても楽しくないんだ……」と思って、落ち込んだことはありませんか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >