2019/11/06 22:05

大人になれない「子供おばさん」ができていないこと

歳を重ねても若々しくて可愛らしい“大人女子”もいれば、逆に、ただ単に若作りで子供っぽい大人になり切れていない“子供おばさん”になってしまう人もいます。
歳を重ねても若々しくて可愛らしい“大人女子”もいれば、逆に、ただ単に若作りで子供っぽい大人になり切れていない“子供おばさん”になってしまう人もいます。

「子供おばさん」になっていない?

歳を重ねても若々しくて可愛らしい“大人女子”もいれば、逆に、ただ単に若作りで子供っぽい大人になり切れていない“子供おばさん”になってしまう人もいます。大人女子と子供おばさんとでは恋愛にも差が出ます。子供おばさんが彼に対して一番できていないことは何かというと、「相手をちゃんと愛する」ことです。
 
子供おばさんの多くは依存体質の人が多く、「相手を必要とする思い(=自己愛)」を愛だと勘違いしています。だから、大人の恋愛ができないのです。哲学者エーリッヒ・フロムの『愛するということ』(鈴木 晶・翻訳、紀伊國屋書店・刊)には、こんなことが書かれています。
 
未成熟な愛は「あなたが必要だから、あなたを愛する」と言い、成熟した愛は「あなたを愛しているから、あなたが必要だ」と言う。

人を愛するとは、「相手がHAPPYなら自分もHAPPY」ということです。それは、当たり前ではありますが、自分の幸せのために、相手を“使う”ことではありません。依存体質の人は、相手に寄りかかることを望みます。でも、そんなことをしていると相手の負担になり、幸せを奪ってしまうこともあるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >