楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/20 20:15

再婚のハードルになる「親害」をかわす方法

大人になっても子は子。でも、いつまでも親の干渉を受けるのも問題です。「親害」をかわす方法を紹介したいと思います。
大人になっても子は子。でも、いつまでも親の干渉を受けるのも問題です。「親害」をかわす方法を紹介したいと思います。

再婚のハードルとなる「親害」から身を守るには?

親害は離婚のきっかけになるだけではなく、再婚の障壁になることも。これを取り除いて親害から自分を守るためには、自立していることをアピールするのが一番です。

では、どうすればいいのでしょうか? この記事では具体的な方法を紹介したいと思います。

親の心理を理解する

まず、親害が起きる理由をしっかり理解しておきましょう。親は子どもがかわいいというのが大前提です。これは年齢に関係ありません。子どもが小学生だろうが、成人だろうが同じなのです。加えて、近くに置いておきたいという気持ちがあることもポイントです。

特に結婚をして家を出た場合、会う機会が減ってしまうので、親としては寂しい気持ちや心配する気持ちがどんどん大きくなってしまうのです。そのため、夫婦のちょっとしたケンカでも心配事になってしまい干渉、そして主導権を持ち、挙げ句の果てに離婚の原因にもなるというわけです。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >