楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/21 20:45

若さゆえ?人をも狂わせる「衝動的すぎる愛」とは!?

今年5月に起こった新宿歌舞伎町ホスト殺人未遂事件。21歳のガールズバーの店長である女が、20歳のホストを彼の部屋で刺した。彼のことが好きで好きでどうしようもなく、殺せば他の女を見なくなると思ったのだという。
今年5月に起こった新宿歌舞伎町ホスト殺人未遂事件。21歳のガールズバーの店長である女が、20歳のホストを彼の部屋で刺した。彼のことが好きで好きでどうしようもなく、殺せば他の女を見なくなると思ったのだという。

衝動的すぎる愛は若さゆえのもの!?

今年5月に起こった新宿歌舞伎町ホスト殺人未遂事件。21歳のガールズバーの店長である女が、20歳のホストを彼の部屋で刺した。

その初公判が開かれ、被告に3年6カ月の実刑が言い渡された。彼女は、彼のことが好きで好きでどうしようもなく、殺せば他の女を見なくなると思ったのだという。逮捕されたとき、うっすらと笑みを浮かべていたという21歳の彼女。

彼のほうは「罪を償うというのではなく、普通の生活をしてほしい」と寛大な姿勢を見せた。

映画や小説に描かれることのある、こういった信じがたいほど強い衝動に支えられている恋心を抱えたことのある女性は少なくないだろう。それを「本当の愛」と思い込むのは若さゆえかもしれない。多くの人は理性で抑え込む。

「殺せば自分のものになる」と思ってしまった……ミツコさんの場合

「私も若いころにそんな思いを相手にぶつけたことがあります」

そう言うのは、ミツコさん(36歳)だ。10数年前、やはり好きでたまらない男性がいた。彼とはつきあっているのか体だけの関係なのかわからなかった。怖くて聞くことすらできなかったという。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >