楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/12 21:15

気遣いができる人の共通点!? 毎日使える12のルール

気遣いとは、うまくいくように、または失敗しないように気をつかうことを意味します。年相応の気遣いができるようになっておきたいもの。
気遣いとは、うまくいくように、または失敗しないように気をつかうことを意味します。年相応の気遣いができるようになっておきたいもの。

気遣いとは? 心遣い、気配りとの違いや意味

気遣いとは、うまくいくように、または失敗しないように気をつかうことを意味し、例文としては「接待の気遣いに疲れる」「お気遣いいただきありがとうございます」「気遣いができない人だ」などというように使われます(※編集部調べ)。

また、類語である心遣いは相手のためを思っていろいろと気をつかうことや配慮、お礼のお金やお礼状などの意味もあり、気配りは手落ちや失敗のないようにあれこれ気をつけることなどの意味があります(※編集部調べ)。

いずれも、生まれ持ったものではなく社会人として生きていく上で身につけていく人間力のひとつで、年相応に身につけておきたいもの。年齢を重ねれば重ねるほどできて当たり前とされ、気遣いができないことがマイナスになっていきます。

そこで、仕事を含めた人と人とのコミュニケーションに活用できる、愛される気遣いテクニックを紹介します。

1:相手が答えやすい質問をする

質問上手は聞き上手といいますが、話が苦手な人や消極的な人とコミュニケーションの際には矢継ぎ早な質問では「責め立てられている、うまく答えられずストレスを感じる」と感じさせてしまうこともあります。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >