楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/03/15 22:15

「姑・娘」2人の海外旅行に正直モヤモヤする母親の憂鬱

「姑」にあくまで「夫の母」として接していれば、少し心の距離も保てるのかもしれない。とはいえ、「夫の母」だと思っていても振り回される人もいるようだ。
「姑」にあくまで「夫の母」として接していれば、少し心の距離も保てるのかもしれない。とはいえ、「夫の母」だと思っていても振り回される人もいるようだ。

“やんちゃ”な姑に振り回される日々

「姑」は、あくまで「夫の母」であり、自分の母ではない。本来は結婚したところで、変わらず「夫の母」なのだが、世間ではなぜか「義母」となる。そこでさまざまな軋轢が起こるのだ。あくまで「夫の母」として接していれば、少し心の距離も保てるのかもしれない。

とはいえ、「夫の母」だと思っていても振り回される人もいるようだ。

姑と同居することになって

ケイコさん(44歳)が同い年の男性と結婚して15年。中学生と小学生、ふたりの娘がいる。一家はA市に住んでいるが、同じ県内のB市には夫の実家があり、両親が住んでいた。その距離、車で30分ほど。

「昨年夏に夫の父が亡くなったんです。夫には姉がいますが、結婚して遠方に住んでいる。私たちは借家住まいでしたから、夫が実家に戻ろうかと言い出して。夫の母は地元では有名な『派手な人』ですから、私はちょっとためらったんですよね」

70代の夫の母は、髪は金髪、今もバイクを乗り回している。若いころには浮気騒動を起こしたこともあった。友だちも多いし、ボランティアなどもやっていて「地域のおもしろおばさん」なのだが、身内にしてみると「ちょっと迷惑な人」なのだ。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >