2017/11/02 12:00

私からいちばん近くて遠いところにある体。体の感覚に心を澄ましてみる

 自分を好きになってくれない人や身勝手な人ばかり好きになり、不安定な恋愛関係に陥ってしまう女性たちへ。
「私は最初から私を好きじゃなかった」――自己肯定感の低い著者が、永遠なるもの(なくしてしまったもの、なくなってしまったもの、はなから自分が持っていなかったもの)に思いを馳せることで、自分を好きになれない理由を探っていくエッセイ。 永遠なるものたち007
「ダイエット」

 ダイエットをしたことがありません。する必要がないから、ではなく、人生の中で痩せていたことがないので、この先も痩せることはないだろうと思っていたのです。それにスタイルが悪いから、体重が落ちても痩せっぽちになるだけで、格好良くならなさそうなのです。それに何より、体は魂を乗せるだけのものだと思っていたので、あまり興味がありませんでした。

 私の体は、私から最も近く、最も遠いところにあります。一生、自分の顔をこの目で見ることはないし、首も、背中もそうです。自分の体なんて、頑張っても肩から下を部分的にしか見ることができません。あらゆる乗り物と同じで、乗っている間はこの目で全貌を見ることはできないのです。
私は自分の体を、この世界で生きるための乗り物だと思っています。それなりの時間が経ったら、壊れて燃やされる乗り物。

 永野のり子さんの『電波オデッセイ』という漫画に、人生を「地球観光」だと言う中学生の原純子ちゃんが出てきます。私はいつかひどく鬱屈していた時、この女の子にとても救われました。
どうして私は生まれてきたのか、どうして私に生まれたのか、なんのために生きて、死んだらどこへ行くのか。そういうことが何ひとつわからなくて、そのくせすべてが悲観的だった頃。

 人生は旅行のようなもので、死んだ時に持ち帰れるのは思い出だけ。だから、もっと力を抜いて、観光客の気持ちで思い出を集めればいい。

 私は自分の魂が体を離れて、花束のような思い出を抱えて漂うところを想像しました。広く穏やかな気持ちになりました。この体は一時的に乗っているだけのもので、だから、私にとって大事なのは、肉体ではなくて、魂だったのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >