2017/12/25 12:00

愛とはどういうものかしら―夫婦と親族の話/カワウソの結婚

 カワウソです! 今回が連載の最終回です。結婚した後に持ち上がる問題といえば、義両親や義兄弟・姉妹など親族との付き合いについて。カワウソの新しい親族との関わりを振り返ります。

「愛してる」と言葉にするとき

 カワウソたちの結婚からほどなくして、夫のお婆ちゃんが亡くなりました。御歳90歳を超えても達者な人だったので、みんな深く悲しみ、別れを惜しみながら故人を見送りました。
お婆ちゃんを見送りに集まった親族は、義父母とその兄弟、配偶者、孫、ひ孫……と総勢20人ほど。この人たちはすべてお婆ちゃんとお爺ちゃんの2人を発端に産まれ、出会い、家族になったのだと思うと、その偉大さに頭が下がるようでした。
しかし、悲しんでばかりもいられません。お婆ちゃんのお葬式は、新しく一族に加入したカワウソにとって初めての親族行事であり、まだ見ぬ親族と顔を合わせる貴重な機会でもありました。

 初対面の親族の1人である叔父さんは、遠方在住で、夫も10年以上ぶりに顔を合わせたといいます。朗らかな人で、カワウソたちの結婚をとても喜んでくれ、「結婚式はしないの?」と聞かれたので、前回の記事に書いたようなことを説明しました。そして、結婚前の夫が「他の兄弟が先に結婚して子供もいるから、自分はみんなに気にされていないと思う」と話していたことをチクりました。すると叔父さんは驚き、大きな声で「何言ってるの、愛してるよ!」と言ったのです。

 夫は照れて笑っていましたが、カワウソは内心ものすごく驚いていました。これまで恋人でなく家族、まして親族に向かって「愛してる」と言葉で発し、耳に聞いたことがあっただろうか? 決して不仲ではないけれど、実家では思い当たらない。甥に向かって咄嗟に「愛してる」が出てくるなんて、なんて、なんていい叔父さんなんだ……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >