2018/07/07 12:00

女性が1歳上なだけで恋愛も結婚も対象外?少女漫画で読み解く「年下男子解禁」の歴史

「年上女」は恋敵にすらなれなかった

 恋愛の形ってブームがあるんですよね。
人が人を好きになるのがピュアな感情だとしたら、それは普遍的であってもおかしくないと思うんだけど、けっこう時代に左右されてます。

 和久井の専門は少女マンガなので、それをメインに見てみますね。

 70年代は男女雇用機会均等法もまだ、セクハラなんて言葉すらなかった時代で、女が稼ぐなんて遠い夢のようなお話でした。男尊女卑が徹底されていた時代は、年上男×年下女の恋愛が常識です。

 『ベルサイユのばら』のオスカルさまの下僕アンドレでさえ年上です。
『いつもポケットにショパン』では、主人公の好きな男子(きしんちゃん)が女性と一緒にいるところを見かけてヤキモチを焼きますが、彼女がひとつ年上だとわかっただけで「ライバルではない」と判断して安堵するシーンがあります。意味わかりません。
80年代中頃まで、男が年下というだけで恋の障害になったり、そもそも恋愛対象にならなかった時代なんですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >