2018/05/08 21:00

ドキッ当てはまる…? 離婚率の高い夫婦に多い「危険な生活パターン」 ♯79

一生を添い遂げる人生のパートナー。
完璧を求めているわけではないけれど、ずっと付き合い続けられる人かどうかを事前に判断できれば、それに越したことはありません。結婚当時は誰もが羨む仲良し夫婦だったのに、結婚生活3年にも満たないスピード離婚……!なんていうことはできれば避けたいものですよね。そこで今回は、恋人期間中にチェック! 離婚率の高い夫婦に見られる要注意パターンをご紹介します。
■ 会話が圧倒的に少ない

【リアルな夫婦生活】vol. 79

恋愛においては、会話がそれほど多くなくても、あまり問題はありません。なぜならカップルは会話よりも、二人で一緒にいる空気に浸っているだけで幸せを感じられるからです。しかし、これが夫婦となると少々別問題。夫婦は恋人と違って、生活を共にする間柄なので、お互いのこれからについて話し合う機会が増えていきます。

例えば、今日のご飯をどうするかなどの小さなことから、マイホームを買うのはいつにするか、子どもは何人欲しいかなど、さまざまなライフイベントを二人で話し合って決めていく必要があります。会話をおろそかにしている癖ができてしまうと、肝心な時に肝心な話し合いができなくなってしまうので、恋人期間中に見直していきましょう。

■ 共通の目標がない

これは個人的な意見ですが、夫婦の間に共通の目標があるカップルは絆が固いと感じることが多いです。どんなものでも良いのですが、例えば二人でダイエットを始める、二人で同じ趣味を楽しむなど… “二人で” こなす目標があることで自然と会話も生まれ、生活にハリが出るようになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >