2018/05/30 20:10

実は恋愛対象かも…!?「人としては好き」と言う男の本音【沙木貴咲の公開相談】

■ 彼の意志がハッキリしているなら、もっと態度に出るはず

どんな枕詞がつくとしても、「好き」という言葉を相手に直接言うのは、勇気がいることです。ましてや職場でコンビを組む先輩に言うなら、その後の仕事や関係に少なからず影響が出ると、普通は考えるものです。

ただ、20代前半だと考えが浅い男子も少なくなく、その気がなければ「女性としては意識していない」という意味で「人としては好き」と言う可能性もあります。空気を読む、大人の対応をするということがうまくできないタイプがそうでしょう。

とはいえ、彼がそんなふうに本音を述べるタイプなら、さすがにピンクさんも気づくはず。無邪気で良くも悪くも正直な男子は、もっと本音が露骨に出るものです。たとえば、自分と話す時と、ほかの女性同僚と話す時では、明らかにテンションが違うとか。ビジネスライクに振舞うのがわかるんじゃないでしょうか。

彼の本音としてはやっぱり、年齢的にうまい受け答えができない点も考慮して、「女性としてはまだわからないけれど、人としては好き」ではないかと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >